--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/11/11(水)10:39
このブログを閲覧してくださってる方はご存知とは思いますが
僕は、nekosogi というルアーのフィールドテスターをさせてもらっています。


今まで、細かく説明はありませんでしたが nekosogi について
少々説明させて頂きます。


この nekosogi は、motorさん の完全ハンドメイドです。


1本1本手作りで一人で全工程をこなしています。


琵琶湖をメインとしブラックバスの生態(ベイト、サイズ、ポイント等)を十分理解した
彼がバスが反応し易いルアーとして完成したのが nekosogi です。


初期の段階から55cmと結果を出し更に煮詰めて今の段階で定着しています。


現在、2タイプの nekosogi が完成しています。



≪ロングリップタイプ≫


PB123659.jpg

手前から1、2番目が最終体で奥はプロトタイプです。

PB123660.jpg

リップには、レーザーで工房名でもある「PHAT LAB」が刻印されています。

このタイプの利点は、ロングリップで潜るだけではありません。
このリップでウィード、障害物をかわします。

motorさんと僕は、ウィードエリアでデッドスローにて使用します。
ギア比5のリールの場合、ハンドル1回転に5秒はかけて巻きます。

ウィードに触れれば止めてスローフローティングなのでゆっくり浮かせ
また巻くの繰り返しです。

経験上、ウィードをかわした後の巻き始めでバイトがあります。

このタイプは、冬~春をメインに使用しています。


全長約13,5cm ウエイト約50g 最深ダイブ約2m(遠投時)


≪ショートリップタイプ≫


PB123661.jpg


このタイプは、ウィードの生え始め、晩秋の早い動き用に作りました。

夏、秋のサブサーフェイス攻略、早巻きリアクションをメインとしています。

ショートリップでもしっかりウィードをかわしロング同様にウィードに触れれば
止めて浮かす・・・


全長約13.5cm ウエイト約50g 最深ダイブ約1m(遠投時)


2タイプを簡単にまとめると  クランク  と同じ使い方です。


両タイプは、この使い方だけでなく壁沿い等でも通せばまた違う威力を発揮します。


キモですが・・・

ウィードに少し絡んでもロッド立ててウィードを切るとバイトは少ないと思います。
完全にウィードが絡んでないなら浮かしてかわすかゆっくり巻いて下さい。

その方が「プルンッ!」と外れてリアクションになります。


PB123662.jpg

スポンサーサイト
 | lakesideTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。